モグワン 病気

モグワンは病気のワンちゃんには食べさせない方がいい?

モグワン 病気

高たんぱく質で高脂質、素材にもこだわっていて添加物を一切使用していない栄養満点のドッグフードがモグワンですが、病気のワンちゃんにはあまりおすすめできない部分もあります。

 

なぜ病気のワンちゃんにはおすすめできないのかというとカラダに対する負担が大きいから。

 

栄養があるということはそれだけ多くのエネルギーを消費しなければなりません。消化や吸収をするためにはエネルギーを使う必要があるのですね。

 

特に高たんぱく質だと負担が大きい部分としては腎臓病が挙げれます。

 

腎臓病は犬の死亡原因3位の病気ともいわれているのですが、腎臓病には高たんぱく質のものよりも低たんぱく質のものの方が適していますよ。

 

また、病気ではありませんが肥満気味のワンちゃんにも高脂質なモグワンはあまり適していない面もあります。

 

与える量を調整することで対策をすることはできますが、いろんな心配を考えるのなら病気によってモグワンを与えるべきかどうかを確認したほうが安心ですね。

 

もし、「ウチの子に与えても大丈夫かな…」という心配があるのなら、モグワン公式サイトにお問い合わせフォームがありますので、そちらからメール等で確認してみてください。

 

モグワンではペット栄養管理士をはじめペットの専門知識を持ったスタッフがいるので気になる疑問を解決してくれますよ。

 

 

>>お問合せフォームはコチラ:モグワン公式サイト

アレルギーや毛並みを改善させるのにはおすすめ

モグワンは一部の病気を持っているワンちゃんに対してはあまりおすすめできない面もありますが、アレルギーの改善や毛並みを良くするという面では優れた効果を発揮してくれることが期待できます。

 

モグワンは穀物を一切使用していないグレインフリーのドッグフードとなっているのですが、犬には人間にあるような消化酵素のアミラーゼがないので穀物を含んでいると上手に消化することができないのですね。

 

消化がうまくできないと代謝が悪くなってしまい、代謝が悪くなることでアレルギー症状を引き起こすリスクが高まるとされています。

 

ですので、グレインフリーとなっているモグワンにはアレルギーを発症させるリスクを軽減させることが期待されています。

 

また、高たんぱく質が特徴のモグワンですが、たんぱく質はカラダのいろんな部分に影響を与えます。

 

毛もその一つで、しっかりと栄養を摂取してたんぱく質をとっていれば、毛並みも美しくなっていくのですね。

 

トリミングのように体の外側からケアするわけではないので即効性は期待できませんが、時間をかけて良くしていくことにはつながるので長期的に見れば改善に向かっていくと思いますよ。

 

愛犬にどんな病気があるのかやアレルギーがあるのかなどをしっかりと確認したうえで与えてあげるとワンちゃんも嬉しいはずですね。