モグワン ふやかす

モグワンはお湯でふやかすと食べやすい!

モグワン ふやかす

モグワンは全ライフステージで与えることができるドッグフードとなっていますが、パピーやシニア犬になるとドライドッグフードが食べにくいところもあります。

 

そういったときはふやかして食べやすい状態にしてあげるといいですよ。

 

ドッグフードをふやかして与えるときは水やお湯、牛乳などで与えてあげることがありますが、モグワンを与えるときはお湯でふやかしてあげるのが理想的ですね。

 

水や牛乳でも悪くないとは思いますが、デメリットもあるので注意が必要ではあります。

 

例えば、水でふやかす場合、冷たい食事になってしまうので、胃腸が冷えてしまう可能性も出てくるのですね。

 

もともとワンちゃんは胃腸が弱いのですぐに下痢になったりしてしまうこともあります。

 

夏場は水を摂取しすぎてお腹を壊してしまい、冬場は水自体が冷たいのでお腹が冷えてしまう。

 

水でドライドッグフードをふやかすのはデメリットが多いのですね。

 

また、牛乳でふやかして与える方もいるようですが、こちらもあまりおすすめできません。

 

温度に気を付ければ与えてもいいという考えもあるのですが、栄養過多になってしまう可能性が出てきます。

 

牛乳には脂肪分やたんぱく質など栄養は豊富ですが、ドッグフードにプラスして牛乳の栄養が加わるので肥満になってしまう危険性も出てきますよ。

 

特にモグワンはドッグフード自体の栄養が豊富なので、それに牛乳を加えてしまうと太りやすい体質になってしまったり、消化や代謝に大きな負荷がかかってしまうので、体調を壊してしまう心配が出てきます。

 

ですので、お湯でふやかすのが一番無難な与え方になりますよ。

お湯はぬるま湯にしよう!

モグワンを与えるときはお湯でふやかしてあげると食べやすくなりますが、お湯の場合温度に気を付ける必要があります。

 

温度が高いと熱くて食べられないだけでなく、ドッグフード自体の栄養が失われてしまうのですね。

 

ビタミンなどは熱に弱いので高い温度になると破壊されてしまいます。

 

ぬるま湯であれば熱くて食べられないという心配はなく、ドッグフード自体の栄養が失われることもないので、安心して与えることができるでしょう。

 

ぬるま湯にはデメリットがないのですね。

 

35℃くらいのぬるま湯を準備して、5〜10分程度を目安にモグワンをふやかしてあげてください。

 

それ以上ふやかすとべちゃべちゃの状態になってしまうので、逆に食べにくくなってしまいますよ。

 

食べ終わるまでに冷え切ってしまわないように与える量によって温度を調節してあげましょう。

 

パピーやシニア犬など食べるのに何か心配があってモグワンを与える場合はぬるま湯で食べやすくしてあげることを試してみてくださいね。