モグワン 冷蔵庫

モグワンは冷蔵庫で保存したほうがいいの?

モグワン 冷蔵庫

モグワンを袋から開けて愛犬に食べさせたあと、どんな風に保存したらいいのか悩みますよね。

 

そのままにしておくと湿気ってしまいそうですし、ニオイ移りも気になります。でもドライフードだから冷蔵庫や冷凍庫で保存するのはちょっと変な気もするし…どんな保存がベストなのか意外とどうしていいかわからないものです。

 

モグワンを開封した後の保存方法ですが、袋口をクリップなどで抑えればとりあえずはOK。(現在はジッパーついているのでしかりとジップしましょう)

 

冷蔵庫に保存する必要はありません。これは夏場でも同じです。

 

 

理想を言えばドッグフードの袋ごと密閉保存することができる容器に入れて保存するのが望ましいです。

 

ドッグフードが劣化する原因は空気に触れることによって始まる「酸化」です。

 

ですので、空気に触れさせない状態で保存することができれば、賞味期限内で美味しく安全に食べさせることができるのですね。まぁ開封後はなるべく早く、2週間〜1ヶ月を目安に消費したほうがいいですが。。。

 

とにかく空気に触れさせなければ保存に関してはクリアですから、モグワンを与えた後はしっかりと密閉して保存するようにしましょう。

 

ちなみに、湿度や光を避けるためにも暗くて風通しの良い場所で保存すれば完璧ですよ。

 

ドライドッグフードは冷蔵保存は原則やめよう!

モグワンは冷蔵庫で保存する必要がないと書きましたが、これはモグワンに限らず他のドライドッグフードでも原則冷蔵庫で保存しないようにしましょう。

 

ドライドッグフードを冷蔵庫で保存してしまうと外気との温度差が大きいためにフードを準備する際に結露が発生してしまう可能性があります。

 

ドライドッグフードは水分が少ないので、それなりの長期保存が可能になっているのですが、結露によって水分を含んでしまうと保存状態が悪くなるだけでなく、カビが生えてしまう原因にもなります。

 

カビの生えたドッグフード与えるとワンちゃんの体調を崩してしまうことにつながるので、注意してください。

 

 

ただ、夏場だと部屋の温度自体が高くなるので廊下に置いておくと劣化してしまう可能性もありますよね。

 

そういった場合は冷蔵庫でドライドッグフードを保存することもできます。

 

 

もし、夏場冷蔵庫でドライドッグフードを保存する場合はあらかじめ与える量を小分けして準備しておきましょう。

 

こうすることで温度差による結露を防ぐことができ、水分を含んでしまうリスクを回避することができますよ。

 

 

冷蔵庫でモグワンを保存することがある場合は、先に小分けしてから保存するということを忘れないでくださいね。